香と私の物語


『好きな人と長く一緒にいられるかを見抜く方法』

学校や民間施設でアロマの講座をする時によく言うのは

 

香りで

好きになった相手と長く一緒にいる事ができるかを

見抜く方法です。

 

好きな人ができ、プレゼントを買ってもらう時

又はデートでも良いです

 

香水のコーナーで彼の好きな香りが

自分も好きか

自分の好きな香りが

彼が好きなのか

を確認するだけで、

長くお付き合いできる相手なのかを

見る目安になります・・・w

 

香りを聞き分ける
鼻は本能の感覚です

鼻から入った情報は

瞬時に脳へ伝わり、全身に伝達していきます

 

ゲラン方にもそのお話をしたら

旦那様が、

ジャンパトゥの『JOY』をプレゼントして下さったそうですが

自分は好みではなくて

なんだかんだ別れてしまったそうです・・・。

 

うちのは母は祖母の代から、

ずーーっとミツコ

 

しかし、父はシャネルの『5』『19』が好きで

母にプレゼントしてました・・・

 

「好きじゃないのよね・・・」

 

色々あって離婚・・・・

 

父は香りにうるさい人で

『夜間飛行』は良いけれど

『サムサラ』はキツイと言われ

私がサムサラを辞めた理由の一つは

父が原因だったのもあります。

 

うーん、

シャネルの方がキツイのだけれど

包み込むような香りのゲランより

刺激的なシャネルの方が好きだったのかもしれません

 

飲み屋の御姉ちゃんすきだったものな・・・・

 

そして私も香りにうるさい

旦那になる彼氏ができます

 

アレルギー鼻炎の持ち主なのに

まぁ~鼻が利く、鼻が利く・・・

もしかすると、それで

食べ物の好き嫌いが多かったのかも知れません(;´∀`)

 

お付き合いが始まって

色々とデートの度に香りを変えましたが

全てクリア!!

一度だけいただきものの『アナ・スイ』を纏い

アウトでした。

 

私も『アナ・スイ』は苦手だったので

しっくりきました。

 

『サムサラ』は付き合う前の香りだから

どうだろ??って思いましたが

クリアしているようですw

 

やった♪

 

楽しむのであれば

本物の香りで!!

 

そしてできれば、正規店でご購入下さい。

香りも古いものになると

劣化してきます。

 

サムサラもミツコも、オーデパルファンだけど

12時間くらいは香る優れものなので

おススメです。


イヴレス(イブサンローラン)は可愛い香り

もう日本では販売しておらず、復刻版で昨年販売されたようですが

時すでに遅し、売り切れでした。( ノД`)シクシク…

今はイヴレスという名前ですが、

販売当初は「シャンパーニュ」でした。

当時は主にゲランのサムサラを愛用していたのですが、香りが重く感じて

「シャンパーニュ」に出会い、ひとめぼれ!!

夏はシャンパーニュ、冬はゲランの香りででしたが

「シャンパーニュ」という名称は、「シャンパーニュ地方のワインだけ!!」

と、ケチがつき改名し「イブレス」という名前になりました。

イヴレスの香りは一言で表すなら、「甘くフルーティーなお酒の香り」

今でも、春先や初夏はイヴレスを愛用しています。

フランスと日本を行き来するお友達に、無理言って買ってきてもらえるので

なんとか手に入りますが

何故か、軽い香りは日本ウケしないようですね・・・(悲しい)

多分高温多湿な日本の風土も関係しているとは思うのですが。

40過ぎの完熟おばちゃんですが、

イブレスの可愛いフルーティな香りは、

「可愛らしさを演出してくれているのでは??」

と思いながら纏っています。

 

 


ゲランのミツコは理想の人の香り

香水が大好きです。ゲランのものが特に好きです。

サムサラ⇒シャリマー⇒夜間飛行⇒ジッキー⇒ミツコに落ち着きました。

ミツコは私の祖母が愛用していた香で、母も好んで纏っていますが

30歳を超える頃から、ようやくミツコが似合う年齢になったかな??と私も纏うようになりました。

私の祖母は、母以上の深層の令嬢で大事に育てられた一人娘でした。

戦前生まれなのに、英語が堪能で、大変美人な人だったらしく

祖母を知る人達に

「あなた達のおばあさまとっても綺麗な人だったのよ~」

と、言われ続けてきました。戦前は広島でも何本の指に入るくらい裕福で

戦時中のゴタゴタで、兵庫へ移り住み、広島出身の祖父とお見合い結婚をして

三菱重工・電気・IHIからの仕事を請負っていた関係で、

会社のある伊丹と東京を祖父と一緒に

しょっちゅう行き来していたそうです。

祖母は、フランス映画が好きだったらしく母も一緒によく映画を見に行ったらしいです。

着物道楽でもありましたが、洋服もオシャレさんだったようで、祖母が買う母の若い頃の服は、ディオールやクロエ等が多く、仕立てが良くて何十年経って、私たちも着ていました。

オシャレで綺麗な祖母に会う事なく私は生まれましたが、DNAなのでしょうか

母も私も祖母の愛した香が一番好きです。

私は、三島由紀夫とジャン・コクトーが好きで、コクトーの映画に出てくる

ジャン・マレーの写真集をフランスで購入し、帰国後見ていると

母が

「オルフェに出てた人ね~おばあちゃんが好きな俳優さんだったのよね~」

と、言って、好きなタイプの男性まで・・・DNA恐ろしや・・・

因みに母はロバートレッドフォード・・・ないわ~~ぁ。

容姿が似る事がなかったのは残念だけど

会う事が出来なかった祖母に、ミツコを纏うと会っているような気がして

守ってもらっているような気がして、大事な大好きな香りです。