3月23日 天澤履

天澤履


島耕作・葛野王


立身出世の道は

いろんな手段があるけれど


トップに立とうと

バリバリ働いて

他を蹴散らしてでも

上り詰め

若くして社長や

CEOになったとしても

ジョブス(一度、創業したアップを追い出されている)や

ホリエモンみたいな目にあってしまう


実力主義の世の中でも

政界・財界にも

やっぱり重鎮と呼ばれたり

底知れぬ力をもった人間がいるし


日常においても

そんな人間に逆らって

自分が上に立つリスクより

相手を立てて

危険を回避する方が今はいいですよ


島耕作は、

本来ならもっと早くに社長になっても良かったけれど

信念を持ち、会社に、お世話になった人々に

砂をかけるような事はしなかったから

誰からも慕われる、理想になっているし


葛野王は、

壬申の乱(簡略すると・天皇の位をかけた兄弟喧嘩)で負けた

大友皇子の子で

皇位継承に名を連ねていていても

自分が皇位継承権を持つと

また世が乱れるし

命さえも保証できない。


彼が身を引くことで

歴史に名を残す人物となっている。


危険な状況にあるので

本当に能力のある人間は

今は謙虚に振舞うほうがいい


今日は、何事も円滑に、

「柔能く剛を制す」で生きましょう!!