3月26日 地雷復

地雷復


心機一転・冬至


冬至までは、太陽の力が日々弱くなり

この日が一番夜が長くなります


冬至を境に太陽のの力が徐々に強まってくるので

昔はこの日を一年の始まりとしていたようで


ゆず湯に入ったりかぼちゃを食べて

厄払いをするのは、

陽の気を受ける準備なんでしょう


とくに去年、2014年の冬至は

新月と冬至が一緒になる

朔旦冬至でした。


イエスキリストの誕生も

冬至の意味に無理やりこの日に合わせて来たのではなかいかと言われています。

というのも

最近の研究では、星の導き(グレートコンジャンクション)・当時の羊飼いの様子などから

イエスが生まれたのは6月又は9月説が濃厚と言われています


なんにせよ、今よりもっとナチュラルに生きていた先人が

冬至を重要視していたのは間違いありません


今日は、

再建・再起・回復 一度失敗したことをやり直すチャンスです

徐々に運気は上向きなので、焦らずゆっくり

二の舞を踏む事のないよう

生きましょう!!