4月26日 習坎水

習坎水

 

艱難(辛苦)汝を玉にす

 

休みの日なのに

易の中で悪いと言われる

4つのうちの1つが出てしまったw

 

☵=水=心=信

 

次々と心を折るような

そんな災難に見舞われる

 

しかし水は大地を潤し

生きとし生ける物を育むし

 

心は苦しい経験を乗り越え

強くなっていく。

 

今まで何人か

とんでもなく苦労されている方に出会ったんですが

 

その中でも

鎌倉のお嬢様で、(昔の華族に近いご令嬢)

大学卒業後、親の勧めで結婚した相手も昔からの資産家で

大きな玄関に横山大観の絵が(多分)飾ってあって

それが大好きだったそうです。

 

しかし、自分が嫁いで間もなく

破産かな??借家に済むような日々になったそうです。

ご主人のお父様は

生活が天と地ほど変わっても

愚痴一つ言わず、日々をやり過ごしているのを見て

立派だな~と思われたそうです

 

 

そうして数年

ご主人が起業し

落ち着いて美術品を見るような時間ができたとき

ある美術館の入口すぐに

自分の玄関に飾ってあった

大好きな絵が置いてあるのを見て

何とも言えない気持ちになったそうです

 

そしてご主人が

番付長者に名前が載るようになりました

元から人間関係が広い方でしたがどんどん広がり

私立の幼稚舎~大学まであるところに

娘さんを送り届けた後は

奥様方で、お茶会するらしいのですが

 

金屏風の前に座るのは

いつも自分、

なんでも自分を中心に広がっていたそうです

それが当たり前で変わらないものだと

 

しかしバブルがはじけ

資産を失い

人生2度目の借家暮らしになったとたん

 

自分は、金屏風(親・夫などから与えられた立場)がなければ

全く価値がなかった事に気づかされ

自分が今度は金屏風になる為に

必死になって勉強を始めます。

 

その後その道では

かなり有名な人になっているのですがw

 

どんな逆境においても

自分の誇りを捨てることなく

苦難に立ち向かうために

何をすべきなのか

立ち止まらず考えたから

今の成功があるのかもしれません

 

今日は

失敗を繰り返しても

腐ることなく

きっと抜け出せる

と信念をもって生きましょう!!