6月10日 雷山小過

雷山小過 ⇒ 雷山小禍

非行少年

A君は

小学生の頃は複雑な家庭環境で
目立った存在だった。

中学生になると真面目にクラブ活動はしていたけれど
家庭学習がままならなかったようで
教務主任に
A君の基礎学習の指導をお願いされ
文法とか長文とかやっている時に
私はA君にアルファベットから教えていた。

なんとか少しずつ、学力がついてき始めたのだけれど

約束の時間に遅れはじめ、だんだん休みがちになり
半年くらいすると来なくなった

A君の母親が新しい父親との子供を出産して
バタバタしていた時期に重なるのだけれど

どうやらゲームセンターに入り浸り
いわゆる不良たちとつるみ始めたのだ

何年かしてA君を見た時は
A君が父親になっていた

また数年した時A君は一人になり・・・

ゲームセンターは非行の切っ掛けになりやすい
学校の先生曰く

最初はお金を持っていない年下相手に
優しい言葉で少額のお金を貸すらしい

少額のお金が、そこそこの額になった頃
利子だなんだと、チンピラみたいな
取り立てをするらしいのだけれど

まだお金額がわかればいい方なのだけれど
メダルゲームになると
お金としての感覚がなくなるので
性質が悪い

あのてこの手で、囲っていくらしい・・・・

お金が返せないなら~とやくざ並の取り立てをして
一緒に犯罪に加担するようにいい

そして
気が付けば一端の非行少年が出来上がる

弗過防之 從或壯之 凶

悪い仲間についていけば 凶

凶=死ぬことだってあり得る

仕事も続かずフラフラし、
入れ墨をがっつり入れていたA君

今も
生きていても
死んでいるような日常が続いているかもしれない

今日は
考え方に過ちがでたら
直ぐに反省し修正して生きましょう!!