我が世の春 火天大有 心の栄養 今日の1枚

火天大有


我が世の春



ある地方のお嬢様Yさんは、兄弟も多かったが

女の子はYさんと妹さんで、少し年の離れたお兄さん達が

代々続く家業を手伝いながら

何不自由ない暮らしをしていたのだけれど


年頃になり、お父様の進めたお見合いで

結婚する事をなり地元を離れての生活が始まった。


主人となったXは、会社勤めで

家事ができないわけではなかったけれど

お手伝いさんがいてくれるので

困らなかったのに、

炊事・洗濯に諸々を全部一人でやることに・・・

結婚をしても、実家から仕送りがあったので

金銭的な苦労はしなかったけれど

家事労働が苦痛だったそう。


Xさんは独立し、バブルの勢いに乗って

事業を拡大

地上3階建ての大きなお家、子供を授かり

自分のお店を開く為にビルも建てて

世間でバブルが弾けてでも

順調に資産を増やしていた。


実家から旧知のお手伝いさんを呼びよせ

家の仕事を任せると

YさんXさん共に仕事に勤しみ

子供が多感な時期はまとめて休みをとり

海外旅行等に行って

家族サービスをし、

子供たちはそれぞれ、有名大学に進学し

世間もうらやむ一家だった。


その頃の

Yさんは、仕事は忙しかったけれど

私は物凄く強い運をもって生きた人間だ・・・

って、霊感占い師に言われたのは

嘘じゃなかったわ!!


と、ご自分で仰ってましたが


ところが歯車が狂ってきます


お子様達の結婚を考える時期になると

文句ないお見合い相手を見つけて

親として子供にできる

最後のお手伝いと

Yさんは思ったそうです。


しかし、

お子様達はそれぞれ

お見合いを蹴り

結婚相手を連れてきましたが

Yさんとしては不満の出る相手で

別れさせようとしたときには

子供がいて

どうしようもない状態だったそうです。


Yさんは時々

お孫さん連れでデパートのちびっこ広場で

お会いしたのですが

ある時

「あの子が生れなかったら

もっと、素敵な人と結婚できたのに・・・可哀想で・・」


と、仰り「ええ??」っと思いました。


火天大有は、大変運気の良い時期を表します

しかし、

その運気をいかに持続させていくかが課題になります。


霊感占い師に

「大きな運をもっている。お子様達も

申し分のない配偶者をもらう」

と、言われ

学生時代から子供たちの交際には

かなり口出しをしていたようです。


Xさんの会社の経営にも

かなり口を出していたようで


お子様が結婚して家を出ると

今度は

Xさんに愛人がいる事がわかり

子供たちが手を離れたあと

二人で船に乗って世界一周する夢は消えてしまいました。


Yさんは「運気がいい」と言われる時期に

いかに自分が高慢に生きて

家族や関わる人間に迷惑をかけていたか

今物凄く反省して、後悔していると仰っていました。


「でもね、孫には罪がないの

私が悪かったの。

色々思うところがあったけれど

あの子は可愛いの、

今までの罪滅ぼしじゃないけれどよく来るのよ。」


結構自分を納得させるのに

時間がかかったようです。


運気が良い時こそ

慢心する自分にj気を付けて

謙虚にいきなければ、

後々大変に苦しむことになる

のです


満月も欠けますからね



今日は

運気があなたを味方して

思うように事が進みます

しかし

謙虚に生きましょう♪