震災に学ぶ事 水天需 心の栄養今日の1枚

 

水天需

 

震災に学ぶ事

 

 

1995.01.17 午前5時46分 神戸

 

この日私が大好きだった街に激震

 

大学生だった私は、それでもテストには行けるだろうと

家を出ようとしたら、電車は無理と母に言われ

テレビに映る

阪急三宮駅周辺の光景が信じられなかった。

 

この日は

冥王星が蠍座から射手座に移ろうとする頃で

満月でした

 

この日に射手座に入ろうとする冥王星は火星と90度で

激しいパワーで神戸の街を破壊し

射手座には木星があり

被害が広範囲にわたるのは仕方なかったのかもしれません。

 

この日のホロスコープに自分のホロスコープを重ねると

満月は9ハウスに起こります

天王星がくっついた太陽は3ハウス

破壊的なパワーを放出した

その日の冥王星と火星の90度は

出生の太陽に60度で関わってきます。

 

正直1回生・2回生は

行きたくもない大学に無理やり入らされて

厳しいを通り越して

おかしなくらい、管理束縛してくる親との関係に

物凄く~~欝々していて

 

気持ちの浮き沈みが半端無く

 

自律神経失調症で神経内科へ

カウンセリングを受けるまで病んでいました。

 

この日の地震が2時間~3時間ズレていたら、

試験があったはずの校舎は崩れたので

私は死んでいました

 

この地震の大変な被害を目の当たりにしながら

「生かされた、病んでなんかいられない!!」

 

この年を境に

やりたいと思ったことを

やっていこうとして行きます。

 

史学科なのに

哲学に目覚めたのもこの頃です。

 

今日のこの日は

色々な思いを持つ人が沢山いると思います

私は絶望のなかから生きていく事に目覚めた日でもあります

 

亡くなられた方の冥福をお祈りするとともに

生かしてもらえた私は

微力でもだれかの為に役に立つ生き方をしていきたいと思います。

 

天水需は

信じて待つことです

2011年3月17日法事で地元に戻った時

羽田空港も伊丹空港も凄い人だったけれど

神戸のANAホテルから朝陽を浴びた時

「神戸だって、地震の跡形もほとんどなく再起したんだから

 東北も絶対大丈夫!!」

と、どうしてもリンクしてしまいます。

 

辛いけれど

諦めたら、

その後がもっと辛いかもしれない

 

信じて待つことは大変だけれど

心は豊かに強くなると思います。

 

今日は

思いが通じなくても

正しい気持ちで

前向きに信じて待って生きましょう♪